読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写、燻、釣とメモの日々

写真を撮ったり燻製したり釣りをしたりの日々を綴ります。

釣行記88:豆アジ<外房漁港>

日々の釣行

3連休、休めなかったー!

 

 

家族だけでも外房の親戚の家に行かせるため、車で送っていきました。

 

とんぼ返りするのもアレなので、1時間だけお祭りの提灯が綺麗に飾られている漁港へ。

 

 

豆アジ

 

 豆アジ1匹。

 

 

とは行っても、フグ以外で三か月ぶりの釣果ですからね。

 

豆アジとは言え、癒されました。

 

 

■本日のメモ

  • リリース前提なので、竿とリールと少量のJH&ワームだけ持って行った。
    もの凄くラクチンだった。
  • 1時間なんてあっと言う間。

 

 

釣行記87:ボウズ<茨城県北公園>

日々の釣行

昼間に時間ができたので、お初の海辺公園へ。

 

なぎさ公園 

規模は小さいながらも、手すりがあって綺麗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フグしか居ねぇ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中にあった道の駅でお土産を求める。

 

みずだこ 

せめて 地場のタコを。

 

 

 

■本日のメモ

  • 「日中は厳しいんじゃないか?」と思いながらも決行したら案の定だった。
  • 普段、昼間に釣りをしたことが無いので、日焼け止めを塗る位置が甘かった。
    特に右手(竿を持つ方)の親指からひじの内側にかけての日焼けが酷い。
  • あと、首。特にあごの下。
  • タコ釣り師は何時でも何処にでもいらっしゃる。

 

釣行記86:ボウズ<外房>

日々の釣行

この三連休、タコを狙いに行ったんですけどね。

 

ヌカカに足首を6箇所もさされただけ、という。

 

 

タコは夕マズメにはお留守でした。

 

どうやら、夜に入ってきたタコは常連さんによる朝の絨毯爆撃で一網打尽、翌朝まで入ってこないような状況らしいです。

 

より気の利いた常連さんは、大型漁港に河岸を変えたようです。

 

 

■本日のメモ

  • 今回、時間が無くて地元釣餌屋で情報収集をしなかったのだが、たまーにしか来ない釣り人はやっぱり情報収集を怠ってはいけない。
  • 自作タコテンヤは、エギ受け部分が抵抗となってしまい、使い勝手がイマイチだった。
    要改造。
  • 次回はクロダイ(アジングタックルで臨むのでカイズサイズでOK)を狙いたい。

自作タコテンヤ ver5.0

釣りの道具

Amazon で、「タコ針」なるものを発見しました。

 

森元タコ針

もりげんタコ掛け

 

 ボラ針の形状に若干不安があったので、この針を使って暫く放置していたタコテンヤを作ってみます。

 

 

自作タコテンヤver5

V5.0-TkM-Om2.0

 

自作タコテンヤ

ナカジマのかにベイトをセットしたところ。

 

 

■本日のメモ

  • ステンレス棒の太さは、強度、加工のしやすさから1mmがベスト。
  • 白いカニベイトがなかなか見つからない。
    結局Amazoneで購入。
  • 今年こそ、自作タコテンヤで釣果が欲しい

 

 

 

 

 

釣行記85:ボウズ<茨城漁港>

日々の釣行

フグ


フグしか居ねぇ!


■本日のメモ

  • 茨城で満足いくまで釣れた事が無い。
  • 情報は大事だね。
  • 今回、全てスマホのアプリで更新(画像の加工、アップロード含む)してみた。
  • が、アプリの強制終了で書き直すのがこれで三度目。


釣行記84:アメフラシ、椅子、タコ<外房漁港> ネタに走っている訳では無い

日々の釣行

スマホを初期化したら、20ぐらいストックしていた釣都々逸が消えてしまいましたよ。(挨拶)

 

 

ちょっと前に外房方面に行った際、2時間ほど時間ができたので夕マズメのタコ狙いで近場の漁港へ。

 

家族連れも多いですが、誰も釣れていないようです。

 

スロープ辺りで地元民らしき人がみんなタコテンヤを投げてますね。

ちょっと期待が高まります。

 

 

1時間ほどあちらこちらに投げますが、全く反応無し。

 

そのうち、岸壁の際でグッと重くなったので鬼アワセ&ゴリ巻きしたところ、

アメフラシ

巨大アメフラシ

 

アメフラシには可哀想な事しちゃったなぁ、とか、タコテンヤじゃなくてタコエギの方が良いのかなぁ、なんて思いながら当然リリース。

 

その後、沈んだ障害物が多いながら何度か釣れている所を狙った所、ガッとネガりのような感触が伝わりました。

力任せに引っ張るとモゾリと動きました。

「これは大物か!」

と頑張って巻いたところ、上がってきたのは、

椅子

沈んだ 折りたたみ椅子…

 

そういえば、二年前に同じ所で竿を釣ったなー。

 

そうそう、この椅子は海水吸い込んでいるので物凄い重さでしたが、メジャークラフトのタコロードったら抜き上げましたよ。

さすがはタコ用竿ですね。

タコスフィールドへの浮気も考えましたが、もうしばらくコイツと付きあおうと思わせる粘りっぷりでした。(笑)

 

 

日が落ちて空が藍色になった頃、「ぼちぼち納竿かな…」と思って投げた船道でまたもや根掛かりのような感触がしました。

ストック最後のタコエギだったので、PEラインを腕に巻き付けグイッと引っ張ったら抜けたので、巻いてみたら何か重いです。

 

上がってきたのは、

タコ

本命。

 

いや、重いわけだよ、石を抱いていたよ。

 

今季初モノなので持ち帰り、たこ飯になってもらいました。

 

 

色々笑えるモノが釣れましたが、最後に本命釣れて良かった良かった。

 

今年もタコ釣りを頑張ろう、と思えた一日でした。

 

 

■本日のメモ

  • 昼でも釣れるタコだが、夕マズメや夜間ではどのくらい釣果に差がでるのかを知りたい。
  • 根掛かりとタコの感覚が判らなかった。
    要修行か。
  • 中断していた自作タコテンヤを再開してみようかと思ったり
  • スマホのバックアップが必要なのは写真だけじゃ無いことを痛感した

 

管釣り記26:13ヒット 9キャッチ<FAJ>

日々の管釣

『誰でも釣れる、時期を狙えど、貧果で判る、腕の無さ。』(釣都々逸)(挨拶)

 


買い物に行く家族に便乗して、3ヶ月ぶりのFAJへ。

FAJ


何故かとても空いている。


2号池でカワセミ(の写真)も狙える位置に入り、1.8gの黄緑からスタート。

…アタリ無し。

重さを変え、色を変え、最初にヒットしたのは1.2gの辛子色でした。

 

 ニジマス

安心して下さい。写真取る直前まで、ちゃんとネットごと水の中に入れていますよ。 

 


しかし連発とはいかず、スプーンの色をどんどん地味にし、2発目は焦げ茶でしたな。

 

手持ち1.2gのスプーンが一巡してしまった為、0.9gにしてみたら全くアタリ無し。

うむ、判りやすいね。

0.9→1.0→1.2と重くしていくと、ようやチクツンとした反応があり、数匹釣ることができました。


ふと周りを見ると表層を巻いて釣っている人が居る。

あぁ、ボトムしかやってなかったわ。

というわけで真似してみましたが、反応無し。

…表層狙いの方法も身につけねば。


後半だれてきてよそ見しながらテレテレ巻いていたら、何故かの3連発。

「これは!?」とまじめに取り組むと反応無し。

おそらくスプーンが通る棚が、意図せずに変わってしまったのかも。

うん、腕がないね。

そのまま時間がきてしまい、終了。


とは言っても、久しぶりの管釣りに日々の疲れを癒やされました。

 


■本日のメモ

  • 連れたのはロリ鱒ばかり。
  • リリースオンリーとした為、撤収が楽ちん。
    帰宅後の片付けも楽ちん。
  • 今日もカワセミの写真は撮れなかった。